育毛剤効果ランキングTOP > 育毛剤の基礎知識 >  育毛剤の副作用とリスク

育毛剤の副作用とリスク

育毛剤は薄毛に悩む方にとってはとってもありがたい商品でありますが、使用に関しての"副作用のリスク"というものを忘れてはいけません。

注意事項をきちん守って使用をしていれば大きな問題にはならないと思われますが、思い込みや適当な知識だけで使用すると、大きな代償をおってしまうケースもあります。

頭皮のかゆみや炎症によるトラブルの場合、頭皮にかゆみを感じたり、赤く腫れるなどの炎症をおこしてしまいます。
これらの症状は、液を直接つける外用薬タイプの育毛剤や育毛シャンプーなどにみられるのですが、内服薬タイプの育毛剤でも起こることがあります。

頭痛、めまい、吐き気などの体調不良に陥る場合があります。
これは育毛剤の中に含まれている成分「ミノキジル」が、血管拡張剤のひとつであることが原因とされています。

男性機能の障害として主な副作用として、性欲減退、勃起不全、精子の減少などがあげられます。

これは男性型脱毛症の最大要因と言われている男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」を抑制することで、男性機能に障害を来たす可能性があるとされています。

通常市販されている育毛剤でしたら、深刻な副作用がおこることはまれであるとは言われてはいますが、
用法や用量を守らずに濫用をすればその分、副作用のリスクを背負う可能性が高くなるということは覚えておいてください。

目次