Top > 育毛剤の種類 > 育毛剤の種類

育毛剤の種類

育毛剤は大きく分けると、頭皮に直接使用する外用薬タイプ、定期的に服用する内服薬タイプ 、シャンプーなどのヘアケアタイプの3つのタイプに分けられます。

外用薬タイプは、育毛剤を薄毛などの気になる部分に使用することで直接毛根に働きかける育毛剤。
頭皮の「血行促進」や「状態改善」などを目的としたものが主なものとなっていて、頭皮にスプレーしたり、育毛剤をもみ込ませるようマッサージしながら使用します。

内服薬タイプは、錠剤やドリンクなどで直接体内に取り込みますので、内側から頭皮に働きかけるというのが内服薬タイプの育毛剤。
副作用などのリスクが外用薬より高いとされいて、使用するには十分な注意が必要となり、基本的には医師の処方のもとでの使用をおすすめします。

また医薬品ほど高い効果の期待できませんが、副作用のリスクが少ないといわれる育毛サプリメントは頭皮に栄養を補給するという面でかなり活用がされています。

ヘアケア用品タイプは、日々の洗髪をおこないながら育毛効果をプラスしたいとう場合に使用される育毛剤で、育毛シャンプーや育毛トリートメントなどの育毛ヘアケア用品になります。

外用薬や内服薬ほどは即効性が期待できませんが、毛穴の詰まりを除去し毛根の活性化を手伝う効果を期待されていて、その手軽さにとても人気があり、外用薬や内服薬などの育毛剤の効果をより発揮するためのサポート役として使用されることが多くあります。